専業主婦(夫)におすすめ総量規制対象外のカードローン

毎月の生活を配偶者の給料だけ乗り切らなければならない専業主婦(夫)は、思いもしなかった事で出費があると、お金のやり繰りで悩んでしまいます。

そんな時は、キャッシングを利用するのもひとつの方法です。

難しくなった専業主婦(夫)の借入

カードローンの利用目的で、最も多いのが「生活費の補填」というデータがあります。

不況が長く続いたため、給料の賃金カットや、昇給もなく、現状の生活を維持していくために、一時的不足分を補いたいという主婦(夫)も少なくないようです。

これまでなら、消費者金融へ申込をすればすぐに借りる事が出来たのですが、2010年の貸金業法の改正があり、総量規制で、ノンバンク(消費者金融やクレジット会社)でキャッシングする時は、年収がなければ利用できなくなったため、無収入の専業主婦が申込をする事は難しくなりました。

パートやアルバイトなどで収入のある兼業主婦(夫)は、これまで通り申込めますが、収入の無い専業主婦(夫)は、原則消費者金融へ申込が出来なくなりました。

ただまったく申込が出来ないという訳ではなく、総量規制の「配偶者貸付制度」を採用しているキャッシング会社なら申込みが出来ます。

その場合、配偶者の同意を得ることが条件で、配偶者の収入とあわせた3分の1までは融資をしてもよいことになっています。ただ、この制度が有るにはあるのですが、調査や審査に手間がかかり、キャッシング会社は採算が取れないという理由から、ほとんどが中止、または廃止にしています。

さらに、大手消費者金融の融資条件も本人に収入が有る事になっているので、実際のところは利用できない状況になっています。

おすすめは銀行カードローン

一方銀行は、銀行法に基づいて事業展開しているので、総量規制の影響はなく、総量規制対象外のカードローンになります。そのため、銀行カードローンは、ノンバンクのような年収による制限はありませんし、審査さえ通れば、収入に関係なく融資が受けられます。

基本的には、銀行カードローンも本人に収入があることが条件ですが、なかには専業主婦(夫)を対象にした銀行カードローンがあります。

銀行カードローンは低金利

ご存知のように消費者金融のカードローンの金利は4.5%~18.0%と、銀行カードローンと比べると金利が高く設定されています。金利は借入金額によって決まるので、借入金額が低ければそれだけ金利は高くなってしまいます。

銀行カードローンの中には、専業主婦(夫)専用の商品が用意されている銀行もあります。専業主婦(夫)専用の銀行カードローンの金利は14,0%~14.6%で、上限金利は14.0%台というところが多いです。銀行によっては13.0%のカードローンもあります。

ですから、無職の専業主婦(夫)の方が借りる時は、銀行カードローンの方が断然有利です。
さらに、銀行カードローンで借りるメリットは他にもあります。

家族に内緒で借りられる

専業主婦(夫)の方は配偶者に内緒で借りたいという人が多いですが、消費者金融のキャッシングだと、配偶者の同意書の提出が必要になるので配偶者に内緒で借りる事は出来ません。

また、借入希望額によっては配偶者の年収を証明できる収入証明書類も必要になります。

それに対して銀行カードローンは、専業主婦(夫)でも本人確認書類だけで申込みができるので、配偶者に知られる事なく申込が出来ます。銀行カードローンの場合、専業主婦(夫)が申込をしても配偶者の勤務先に在籍確認の電話を入れることはありません。

銀行カードローンには毎月の返済額が2,000円とか3,000円程度なので、家計に及ぼす影響が少ないというメリットもあります。

専業主婦(夫)が申し込むことができる銀行カードローンは三菱UFJ銀行やイオン銀行、ソニー銀行などが扱っています。

カードローン 金利 融資限度額 毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
三菱UFJ銀行カードローン 14.6% 30万円まで 2,000円~

専業主婦(夫)のカードローンはどこがおすすめ?

専業主婦(夫)がお金を借りるというのは、少額でも精神的な負担を感じるものです。必要なお金が用意できなくて、やむを得ず借りるしかないという時もありますが、今はカードローンという便利なものがあります。

他のローンのように保証人を用意する必要もありませんし、審査は比較的緩めです。

申込も簡単で、運転免許証か健康保険証が有れば申込が出来ます。また、限度額以内ならいつでも、何回でも借りられるという利便性を備えています。

利用は全国のコンビニATMでもできますが、銀行カードローンの場合は自行ATMを利用すれば手数料が無料になります。

ただ、最寄りに自行ATMがない場合もあるでしょう。そういう時は、ネットバンキングなどを利用して口座振込をしてもらうなど、無駄な経費が発生しないような利用の仕方を考える必要があります。

まとめ

専業主婦(夫)が借り入れを行う場合、利用できるのは一部の銀行カードローンだけです。上限金額も最大50万円までなので高額融資はできません。

メリットとデメリットを把握し、万が一の時に利用するという形で備えておくのが良いでしょう。