審査なしのカードローンはなぜ融資を行えるのか?その理由を紹介

インターネットなどでは「ブラックOK」「無職・主婦OK」「実質審査なし」などの文言で融資を募っている金融業者がありますが、なぜこのような金融業者は貸し付けを行うことができるのでしょうか?

このような宣伝を行っているのは違法な金融業者で、利用することによって数多くのリスクが発生します。違法金融業者が審査を行わない理由や利用することのリスク、さらにはもし利用した時の対処法を紹介します。また、カードローンの審査に自信がない人のために、審査なしでお金を借りる安全な方法を紹介します。

審査なしでカードローンは使えない

正規の金融業者がカードローン審査を行うのには明確な理由があります。多くの場合は、申込者と金融業者双方でトラブルを回避するためです。

その具体的な理由を紹介します。

法律で定められているから

カードローンは審査の実施を法律で定められています。貸金業法では融資に際し利用者の返済能力調査を義務づけており(貸金業法第13条第1項)、正規の金融業者は借り入れの申し込みがあれば利用者を必ず審査を行わなければいけません。

貸し倒れを防ぐため

カードローン各社が経営上最も避けなければいけないのは元金が回収できず損害を受けること、いわゆる貸し倒れを起こすことです。融資しても利用者が返済してくれるかどうかはカードローン各社にとって死活問題ですので、審査で返済能力の有無を確認します。

違法な貸し付けを行わないため

貸金業法では利用者の借りすぎに伴う多重債務を防止するために年収の1/3以上の貸付を禁じています。これを総量規制と呼びます。利用者の借り入れの総額は融資の可否や利用可能額を決定する重要なポイントのため審査で判断します。

ちなみに貸金業法の総量規制は消費者金融や信販会社、ノンバンクといった貸金業者が対象となっています。そのため銀行系のカードローンは年収の1/3以上の貸し付けを行っても違法ではありませんが、銀行系カードローンも自主規制を定めているので、年収の1/3以上の貸し付けには消極的です。

審査なしのカードローンは違法金融業者です!

法律で行うことを定められている審査をしないで融資を行うのは違法です。闇金などの違法業者で借り入れを行うと様々なリスクがあります。決して利用しないでください。

違法業者が審査なしで融資を行える理由

闇金などの違法金融業者は審査なし、もしくは簡易な審査しか行わずに融資します。

正規のカードローンの審査に通らない、いわゆる返済能力のない人に貸し付けると貸し倒れのリスクを伴うことになりますが、違法金融業者はなぜ融資を行えるでしょうか?その理由を紹介します。

高金利で貸し付けるため

法律で定められている上限金利は10万円までは20%、100万円までは18%ですが、闇金は法定の上限金利をはるかに超える金利を設定しています。返済能力が高くない人に貸し付けても短期間の元金回収を可能にします。

闇金を題材とした漫画などで「トイチ(10日で1割)」といった金利を目にしたことがあるかもしれませんが、トイチは年利に直すと365%、しかも複利(利息に利息がつく)で貸し付けるため実質年利は3000%を越します。たとえ貸付金が少額でも利用者が高額な利息を支払うため、元金はあっというまに回収ができるのです。

あらゆる手段で取り立てを行うため

闇金は返済が滞ってもあらゆる方法で取り立てを行い必ず回収します。

昼夜問わずに家や職場に訪問し督促しますし、申し込み時に簡単な審査と称して家族や知人の情報を聞き出し、その人たちにも取り立てを行います。

他にも近所に借金返済を迫るビラを貼る、ひっきりなしに電話をかける、利用者の名前でデリバリーの注文をするなど、脅迫的な、嫌がらせ的な取り立て行為で利用者が返済するまでプレッシャーをかけ続けます。

当然のことながらこのような取り立ては法律で禁じられていますが、闇金は違法ですので全く関係ありません。

違法な行為での返済を迫るため

闇金はこの他にも様々な違法な方法で回収を行います。

一例をあげると返済が滞ると利用者に対して印鑑証明書を要求する、白紙委任状への署名捺印を要求する、といったことです。

このような要求に応じてしまうと公正証書を作成され、給与や財産の差し押さえても逆らえません。

その他リスク

闇金は返済が滞った利用者に対し、断れないことにつけ込み違法な行為を要求します。スマートフォンの新規契約の名義貸し、銀行口座の売買、特殊詐欺の犯罪行為への加担の要求などです。

このように、闇金はたとえ返済能力のない人に融資を行っても回収に絶対の自信を持っていますし、たとえ回収ができなくても十分に利用価値がある、と考えているのです。

違法金融業者の見極め方法

闇金を利用したくないと考えていても、知名度の低い正規の中小の消費者金融との見極めが難しいかもしれません。違法金融業者の見極め法を紹介します。確認する際には一つの方法だけではなく複数の方法で行ってください。

審査の甘さをアピールしているかどうか

  • 絶対貸します
  • 他社の審査が落ちた人もご相談ください
  • ブラックOK
  • 無職OK

など、審査の甘さをアピールしている金融業者は違法金融業者だとお考え下さい。

貸金業法16条では他金融業者の利用者や返済能力のない人を対象とした人への勧誘や借り入れが容易であることを過度に強調することを禁止しているからです。

金融庁のHPで登録番号を確認する

正規の金融業者は金融庁や都道府県に届け出て認可を受けないと営業できません。正規の金融業者は国や自治体から許可番号を得ているので金融庁のHPで利用したい金融業者が登録しているかを確認してください。

この際気をつけていただきたいのは、チェックするのは利用したい金融業者のHPではなく金融庁のHPです。違法金融業者は虚偽の情報を自社のHPに記載している可能性があります。

金利を確認する

検討している金融業者が法定金利を超える利率を設定していないかどうかは必ず確認しましょう。

法律で定められている上限金利は利用限度額が10万円までであれば20%、100万円までは18%、100万円以上は15%です。

この利率を超える金利を設定しているのは違法金融業者です。

電話番号を確認する

広告やHPなどで、携帯電話の番号しか記載していないのは違法金融業者の可能性が高いのでご注意ください。

正規の金融業者は固定電話がないと営業してはいけない、と法律で定められています。

しかし最近は転送電話もあるので、一概に固定電話があるから正規の金融業者であると判断することができません。電話番号で違法かどうかを見極めるためには慎重に行ってください。

様々な姿を持つ闇金。危険な借り入れ方法

闇金は単に高利でお金を貸し付けるだけではなく、形を変えて様々な方法で貸し付けを行っています。代表的な方法を解説します。

個人間融資

個人間融資は、SNSや専門の掲示板を通じて個人間で情報交換をしてお金の貸し借りを行うことです。闇金は個人名で掲示板やSNSで融資を募っています。

そもそも見ず知らずの人にインターネットのやり取りだけでお金を貸すことは、普通の人ならば避けようとするでしょう。個人間融資でお金を貸す人は闇金、もしくは何らかの目的がある人、と言っていいでしょう。

個人間融資を利用すると多くのリスクが発生します。違法な金利での貸し付けや取り立て、手数料や保証金目的でお金を振り込ませ融資しない詐欺行為、希望しないタイミングで貸し付け高額の利息を要求する「押し貸し」、女性に対して性行為目的でお金を貸し付ける「ひととき融資」などです。

給与ファクタリング

給与ファクタリングとは、ファクタリング業者が利用者の支給予定の給与を債権として買い取り、手数料を差し引いた金額を支払い、給与が支給されたら請求するという換金法です。

ファクタリング自体は企業の資金調達法のひとつ(売掛金をファクタリング業者に売却し融資してもらう方法)ですが給与ファクタリングは違法です。

給与ファクタリング業者は闇金が多く、手数料は法定金利以上で設定し、返済を滞納すると違法な取り立てを行います。

クレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、安価、もしくは架空のサービスや商品をクレジットカードで購入させ、手数料を引いた金額を支払うという換金法です。

一時的にお金を手にすることはできるかもしれませんが、高い手数料を差し引かれ早くても翌月にはクレジットカード会社には利用代金を支払わなければいけません。デメリットのほうが多いとお考えください。

この換金法は違法ではありません。しかしクレジットカード会社各社が固く禁じています。発覚すると強制解約される残金の一括返金を要求され、信用情報に傷がつきます。

ソフト闇金

昨今、「ソフト闇金」を名乗る数多くの金融業者がHPを開設しています。明るい色調、ソフトな印象のHPで、審査の甘さや返済が遅れても柔軟な対応をすることをアピールしています。しかし闇金は闇金です。決して利用しないでください。

ソフト闇金はソフトと名乗っていても7日で1割、10日で3割といった違法な金利で貸し付けを行い、返済が滞ると取り立ての手段は選びません。犯罪行為に巻き込まれる可能性も高いでしょう。

闇金を利用した時の対処法

もし闇金だとわからずに違法金融業者から借り入れをした場合どうすればよいのか、対処法を紹介します。

返済しない

借りたら返さないとと思うかもしれませんが、闇金から借りた場合は絶対に返済しないでください。闇金と融資の契約を交わしたとしても、金利や利息が法定外であれば違法なので支払う必要はありません

もちろん返済しなければ厳しい取り立てには合いますし、怖い目に遭う可能性もあります。そうなる前に、早い段階でしかるべき機関に相談してください。

警察、法律の専門家に相談する

闇金を利用して違法な取り立てを受け証拠となるような資料があれば、警察の生活安全課に相談してください。

警察に相談する際には証拠がなければ対処してくれないのでご注意ください。

もしくは弁護士や司法書士に相談してもよいでしょう。金融問題に強い弁護士や司法書士であれば闇金との交渉も引き受けてくれます。

審査なしでお金を借りる方法

金融機関でお金を借りる際、カードローンに申し込むと必ず審査が行われます。しかし審査なしでお金を借り入れする方法は存在します。その方法を紹介します。

質屋

必要なお金が数万円といった金額でなければ、質屋でお金を借りてみてはいかがでしょうか。宝飾品やブランド品、家電などの物品を質草として質屋に預ければ、評価額の7~8割のお金を借りることができます。

質屋でお金を借りるには審査は必要なくその日のうちに現金を受け取ることができます。借入期間は3か月です。

質屋は金利が高いのでご注意ください。質屋の金利は9%と表示されていることが多いですが、これは「月利」です。年利に直すと108%の金利となります。

定期預金の担保貸付

定期預金がある人はそれを担保にお金を借りることができます。利用限度額は定期預金額の90%で利息は約定金利の0.5%程度、審査も返済期限もありません。

ただ、定期預金の担保貸付はあくまでも「融資」なので利息がつくことと使い方によっては残高がマイナスになります。

支払いに対して普通預金の残高が足りなかったら自動で貸し付けられるシステムなので、カードローンのように自由に使えない点に注意です。

生命保険の契約者貸付

解約したときにお金が返ってくる生命保険、例えば養老保険のような積み立て型の生命保険に加入していれば、解約返戻金を担保にして借り入れができます。

借入限度額は解約返戻金の7~8割で、金利は保険商品によって異なりますが、一般的には2~8%で設定されています。

契約者貸付で借りたお金は返済しないとその分のサービスは失効されます。返済しなかったので保障を受けられない、ということにはならないようにしましょう。

生命保険の契約者貸し付けはあくまでも積み立て型の保険のサービスです。掛け捨て型の生命保険では借り入れができません。