とにかく低金利のおまとめローンを使いたいならどこがいい?

おまとめローンは返済期間が長くなる傾向があるため、なるべく低金利のところで契約するほうがお得に利用できます。

とはいっても金利が低いほど審査も厳しめになるので、選択は難しいものがあります。

おまとめローン・高金利の業者と低金利の銀行

銀行と消費者金融業者の比較

おまとめローンと一口に言っても銀行が提供するものと消費者金融業者が提供するものには明確な違いがあります。法律上の制限を始め、審査や金利などについてもかなり異なっており、選択では悩ましいところでしょう。

おおよそ以下のような違いがあります。

銀行 消費者金融業者
金利 低めの設定 高めの設定
申し込み条件 厳格 カードローンより厳しい
審査 厳格・厳密 カードローンより厳しめ
融資までの時間 1週間から3週間ほど 最短で2日
総量規制 対象外 対象外
返済期間 銀行によって異なる 5年~10年

一般的にローン商品には「金利が高いと審査は緩く、金利が低いと審査は厳しい」という傾向がありますが、おまとめローンではそれが顕著です。銀行も消費者金融業者も一長一短で、どちらが良いか判断には個人差があるでしょう。

ただ、おまとめローンを利用するときに優先しなければならないのは、現在の借金で苦しい状態を打開することです。借金がどんどん膨らんでいる状態は放置していると、いずれ自己破産や個人再生という道をたどるしかありません。

いったん法的な措置で債務整理すると、5年から10年はどこからも借入はできなくなります。おまとめローンには、その状態に至る以前の「救済措置」という意味合いがあります。

借金が膨らんで、もう債務整理しかないという状態になる前に利用するのが、おまとめローンの本来の趣旨です。

低金利の銀行

メリット

銀行のおまとめローンのメリットはなんといっても、金利が低いという点です。たとえば東京スター銀行の提供するおまとめローンは金利が12.5%の固定金利です。

横浜銀行や千葉銀行といった地方銀行が提供するものは非常に金利面で有利で、なかには池田泉州銀行の「4.375%または2.875%」と超低金利のローンもあります。

東京スター銀行のおまとめローンはおすすめ?審査は厳しい?

また、銀行が提供するローンは「追加で融資を受ける」ことが可能というものが多くあります。通常は借り換え目的で借りるときには、追加で融資されることはありませんが、銀行のローンでは契約次第で可能となります。

デメリット

低金利で借りることのできる銀行のおまとめローンですが、これらに共通するには審査の基準がかなり高いという点です。

金利が低く、また担保や保証人がいないことから審査は厳しいものとなり、その人が毎月しっかりと返済を続けられる人であるかどうかを厳しく審査されます。

おまとめローンですので融資額も高額になります。銀行からすると、すでに返済が苦しくなっている状況への貸付ですので、貸付金の回収が不能になるリスクがあります。

そのリスクを少しでも低くするために、基準を厳しくしていることは充分に推測可能です。

高金利の消費者金融業者

メリット

消費者金融業者が提供するおまとめローンのメリットのひとつは返済専用であるという点です。これは一見するとデメリットのようですが、実際には「借金断ち」をするのに大いに役立ちます。

複数の業者から借入している人の多くは、借金で暮らすことが当たり前になっています。

借りるお金を当てにして生活しており、借りているのが当然という状態です。こういった状態にはいつか限界が来ます。そのときに債務整理ではなく、自分で返済して借金癖をなくしたいとするとき、返済専用のおまとめローンを利用することには価値があるでしょう。

また、消費者金融業者のローンはいずれも審査が銀行に比較して早いというメリットがあります。早いところは申し込みをして、その日のうちに借入先への返済を振込融資という形で済ませることが可能です。

デメリット

消費者金融業者でおまとめローンを使うデメリットは金利の高さです。審査のハードルは銀行よりも低いのは確かですが、金利面では大きく劣ります。

銀行が年率10%程度からそれ以下まであるのに対して、消費者金融業者のおまとめローンの金利は17.5%程度から18%と、通常のローンとあまり変わりません。

低いレベルでは3%や6%のものもありますが、こういった低金利が適用されるのはまれな事例です。口コミ情報によると、金利は低くくても12%、高いときには15%を適用されます。

15%というと、100万円を普通に借入したときの最高金利ですので、決して低いとは言えないでしょう。とはいtも、借入件数が減るのはメリットです。

ろうきんという選択肢

一般的にはあまり馴染みのない労働金庫ですが、ここが提供しているおまとめローンは非常に有利です。労働金庫、通称「ろうきん」は全国に13ヶ所存在しており、労働金庫法という独自の法律に基づいて運営されています。特徴的なのは、営利目的ではないという点です。

民間の労働組合や消費生活協同組合などによって組織されており、「はたらく人の金融機関」として機能しています。労働者がお互いを助け合うために資金を出し合うという互助システムで運営されています。

ろうきんのおまとめローンとは?上手な使い方を伝授

ろうきんのおまとめローンは上限金利が8%を下回るという超低金利で、総量規制の対象外であり、団体の会員であればさらに金利が優遇されるという点で、非常に魅力的です。

ただ、審査には時間がかかり、基準が厳しいというデメリットはあります。ろうきんは知名度は低いですが、かなり幅広い人たちが利用可能です。調べてみる価値は充分にあります。

銀行のおまとめローンは低金利

りそな銀行・りそなプレミアムフリーローン

利用条件

りそな銀行が提供している「りそなプレミアムフリーローン」は様々な資金使途を許容しており、おまとめや借り換えとしても利用可能です。

利用条件は以下のようになっています。

  • 申込時の年齢が満20歳から満66歳、完済時満71歳
  • 安定した収入がある
  • 契約手続きまでにりそな銀行の口座を開設している

この条件を満たしていればパートでもアルバイトでも申し込むことが可能です。ただ、学生は条件を満たしていても申し込むことはできず、専業主婦(夫)も融資対象にはなりません。

金利と限度額

このローンの金利は年率6%~14%です。最高金利は非常に平均的な金利設定ではありますが、おまとめローンの場合は高額の借り入れになることが多く、14%以下で利用できる可能性があります。低金利で利用できるのは大きなメリットです。

限度額は10万円から500万円です。おまとめローンや借り換えローンとして利用するにあたっても充分な限度額でしょう。

ただ、融資額は審査次第です。実際にどの程度借りることができるのかは審査を受けてみないと分かりません。

追加借入できない

りそなプレミアムフリーローンはカードローンではないので、限度額の範囲内で好きなときに追加借入することはできません。一度借りたらあとは返済してくだけとなります。

追加で借りることができないので定めた用途以外に使いにくくなるため、確実に借金を減らしたい方にはおすすめです。

清水銀行しみずフリーローン

利用条件

清水銀行は静岡県に本拠地を置く地方銀行です。

地方銀行のローンは、その銀行の営業エリアに居住または勤務していないと利用できませんが、しみずフリーローンはネット経由で手続きすれば全国から利用可能です。

資金使途に制限がないのでおまとめにも借り換えにも利用できます。

利用条件は以下のようになっています。

  • 申込時の年齢が満20歳以上、完済時76歳未満
  • 安定した収入がある
  • 保証会社(オリックスクレジット株式会社)の保証を受けられる

安定した収入なら、パートやアルバイトでも申し込みできます。専業主婦(夫)も利用可能ですが、融資限度額は50万円までと制限されます。

契約には清水銀行の口座が必要ですが、「清水銀行アプリ」から口座開設が可能です。「清水みなとインターネット支店」で口座を開設すれば来店の必要もありません。

金利と限度額

しみずフリーローンの金利は3.0%から14.0%となっています。最低金利がかなり低めに設定されているので、高額でまとめるほど有利になります。

限度額は10万円~1,000万円となっており、非常に幅広く対応しています。特に1,000万円をまとめられるところはそう多くはないので重宝するでしょう。

東京スター銀行スターワン乗り換えローン

利用条件

東京スター銀行は「おまとめローンの銀行」として高い知名度があります。地方銀行ですがネット上で手続きできます。

利用条件は以下のようになっています。

  • 申込時の年齢が20歳から65歳
  • 安定した収入のある給与所得者であること(正社員・契約社員・派遣社員)
  • 前年度の年収が200万円以上であること

注意したいのは、給与所得者でないと申し込みできないという点です。

パートやアルバイト、自営業者などは利用できません。過去6ヶ月以内に東京スター銀行の他のローンで審査落ちしていないことも重要です。

また、本審査までに東京スター銀行に口座を開設する必要があります。銀行のローンを利用する上では避けては通れない条件です。

金利と限度額

東京スター銀行のおまとめローンの金利は年率12.5%の固定金利となっています。決して低くなないのですが、あえて高めに設定することで「早く返済してしまおう」という意欲を高めているものと思われます。

利用限度額は30万円から1000万円となっており、幅広い限度額を網羅しています。おまとめ額が小さい場合は、金利面で確実に有利になるでしょう。

低金利のおまとめローンを利用するコツ

利息総額を比較

低金利のおまとめローンを利用するにあたっては、利息の総額としていくら支払うことになるのか比較することが重要です。おまとめローンは毎回の返済の負担は楽になりますが支払期間が長く、金利のちょっとした違いが大きな差となって現れることがあるからです。

たとえば消費者金融業者の借り換え専用ローンと、りそな銀行・清水銀行・東京スター銀行のおまとめローンを比較すると以下のようになります。

金利は上限金利が適用されるものとします。

借入額100万円で毎月の返済額が2万円のときの比較

金融機関 金利 利息総額 返済期間
りそな銀行「りそなプレミアムフリーローン」 14.0% 50万9,511円 6年4ヶ月
清水銀行「しみずフリーローン」 14.0% 50万9,511円 6年4ヶ月
東京スター銀行スターワン乗り換えローン 12.5% 41万9,855円 5年11ヶ月
アコム「借り換え専用ローン」 15.0% 57万9,052円 6年7ヶ月

借入額が同じなら、金利が低いほど返済は早く利息も安くなります。

おまとめローンは借入額が大きいローンです。金利がちょとでも高ければ最終的な支払額が大きくなることは、おまとめローンを選択する際に頭に入れておきたいところです。

繰り上げ返済で利息を節約

キャッシングやローンを使ってお金を借りたとき、最も大切なのは「早めに完済する」ことです。通常、ローンでは借入額や借入残高に応じた最少の返済額が設定され、その額以上を毎月支払っていきます。

ただ、これはあくまで最少なのであって、この額ぴったりを支払っているだけではローンはなかなか完済できません。

金融機関としても、なるべく長く支払い続けてもらったほうが利息収入が大きいため、利用者が支払えるギリギリのところで最少返済額を設定して返済期間を延ばすようにしています。

おまとめローンは利用額が大きく、返済期間も長いローンです。そのため、いつまで経ってもまったく終わらないという気持ちになって精神的にも負担になることがあります。

最少返済額よりも多めの額を返済していくと、どんどん元金が減っていくので返済のモチベーションも高まります。

たとえば、りそな銀行のプレミアムフリーローンを繰り上げ返済していくことを考えてみましょう。

50万円借入したときの返済額と利息総額

金利 借入額 毎月の返済額 利息総額 返済期間
14.0% 50万円 2万円 9万4,604円 2年6ヶ月
2万1,000円 8万9,161円 2年5ヶ月
2万2,000円 8万4,368円 2年3ヶ月
2万3,000円 8万60円 2年2ヶ月
2万4,000円 7万6,164円 2年
2万5,000円 7万2,676円 1年11ヶ月

毎月1000円多く返済するだけで利息総額は約5000円も違います。
毎月の返済額を1.5倍にすると、利息総額は約20%節約でき、返済期間は約7カ月も短くなります。

借入件数の多い人はプチまとめしてみよう

低金利のおまとめローンを使いたくても、審査が厳しくて通らないかもしれないという心配を持っている人は多いでしょう。できるだけ金利が低いところで借り換えておまとめの効果を実感したいところですが、審査になかなか通らないと悩むというのは良くあることです。

低金利のおまとめローンを利用するには、とにかく審査に通る必要があります。もしおまとめする件数が多かったり、おまとめする金額が大きかったりするときには、いったん審査の通りやすいローンでまとめてみましょう。

低金利のローンの審査を受ける前にいったんまとめる「プチまとめ」と呼ばれる方法です。

たとえば……

アイフルとアコム、オリックスから40万円ずつ借入しているとき、借入総額は120万円です。これをいきなり低金利のローンでまとめるのではなく、いったんアコムの借り換え専用ローンでアイフルとアコムの借入をまとめます。すると借入件数が1つ減ります。残った2件の返済を続けて借入残高が合計で100万円になったときに、低金利のおまとめローンの審査を受けます。「借入件数3件・借入総額120万円」よりも「借入件数2件・借入総額100万円」のほうが審査にはぐっと通りやすくなります。

おまとめローンのメリット

返済先が1つになる

おまとめローンを利用する最大のメリットは、返済先が1つになることです。おまとめローンを活用したいということは、すでに何件かの業者や銀行から借入をしており、毎月何度も返済日がやってきているはずです。

毎月、銀行の残高を気にしながら次にやってくる返済のためにATMに行ってお金を引き出して入金するということを何度も繰り返しやっています。手数料が必要となる場合は、その金額も無視できないものになっていきます。

この手間が1つに済むというのは、数件の業者から借りているのであれば理解できるでしょう。おまとめローンの多くは口座振替で返済します。毎月1回だけ給料日などの近い日に返済日を設定しておけば、後は自動的に借金の額が減ってきます。

金利は絶対に安くなる

おまとめローンは、「顧客に一方的に有利になる借り換え」です。そのため、金利は必ず低くなります。金利が低くなって返済の負担を減らすことが法律としても義務付けられているからです。

金利の設定が元々低い銀行のおまとめローンに乗り換えることができれば、それだけで消費者金融業者の金利よりも安くなります。

多くの業者では、借入額100万円までは金利が18%に設定されていますが、100万円を超えたら利息制限法によって金利は15%になります。金利が低くなって、返済先が1つにまとまるだけで精神的にも余裕が出てきます。

返済負担が減る

おまとめローンを利用すると、毎月業者へ返済していた返済額が減ります。これも法律として定められており、借り換えは必ず毎月の負担を軽減します。

返済額が減る代わりに返済期間が長くなるので、利息の総額は大きくなりますが、月々の負担は減るので精神的な余裕が生まれます。

毎月の返済額はたった1000円増やすだけでも、利息の総額は少なくなります。「今月はちょっと多めに返そう」という気持ちも、いったんおまとめローンを利用できているからこそ生まれるものです。

まとめ

低金利のおまとめローンは審査次第ですが、借り入れできればかなりの負担の軽減になります。金利が低い分、審査は厳しくなりますが、検討してみる価値はあるでしょう。