人気のおまとめローンはどこ?審査が通りやすいおまとめローンはあるの?

おまとめローンは銀行や消費者金融で提供されていますが、人気の商品にはそれなりに理由があります。

どういった点が人気の要因なのか見ておくことは、おまとめローンを比較検討するときの参考になります。

消費者金融業者のおまとめローンが人気の理由

貸金業法に規定されたおまとめローンである

「おまとめローン」と一口に言っても、実際には以下の3種類になります。

    1. 消費者金融が提供する「総量規制の例外貸付」としてのおまとめローン。
    2. 銀行が提供するおまとめローン。
    3. 銀行のカードローンをおまとめローンとして使うもの。

この3つのうち、法律が消費者の保護を目的として制定し提供されているものは「消費者金融が提供するおまとめローン」だけです。

貸金業法が規定している規制に総量規制があります。これは「年収の3分の1以上を借りることができない」とする規制で、多重債務を防ぐという目的があります。

借りすぎて生活が困難にならないようにというのが総量規制です。それでも借りすぎて多重債務状態になってしまう人もいます。そのときには自己破産や個人再生といった法的な措置を採るのもひとつの方法ですが、その前の予防策として設けられているのが「おまとめローン」です。

これは顧客に一方的有利となるように例外として総量規制以上の額が貸し付けされるものです。顧客の一方的有利とは業者にとって一方的不利を意味しますが、この場合には金利の引き下げという措置が採られます。

消費者金融でおまとめするときには、必ず今までよりも金利が下がります。これが消費者金融業者のおまとめローンが人気の理由です。

アイフルは多彩な借入のおまとめが可能

消費者金融が提供するおまとめローンは、利用前よりも必ず金利が下がるというメリットがある反面、貸金業者からの借入しかまとめることができません。

総量規制の例外貸付としてのおまとめローンは貸金業法によって規定されているものであるため、別の法律によって規定されている銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠は対象外となっています。

おまとめローンはアコムやプロミスなどの消費者金融業者が提供していますが、ほとんどは「貸金業者、またはみなし貸金業者からの借入」だけが借り換えの対象です。

大手のアイフルのおまとめローンは銀行ローンでもショッピングリボ払いにも対応しています。アイフルでは「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の2種類のおまとめローン商品がありますが、どちらも貸金業者以外の借入のおまとめも可能です。

公式サイトにも以下のような記述があります。

「当社では、銀行の消費性ローン債務やショッピングリボ債務などを対象として審査いたします。」

銀行ローンやショッピングリボのおまとめは銀行系のローンなら可能ですが、こちらは「貸金業法に基づく借り換え」ではなく、通常のカードローンとしての審査になることがほとんどです。

この点、アイフルの商品ではおまとめローンとして審査するので、ある程度の柔軟性があり、多くの借入のおまとめが可能であるという点で一歩抜きん出ていると言えるでしょう。

アコムはおまとめローンは会員限定

注意したいのはアコムの既存会員でないと申し込めないという点です。新規で申し込むには、まず通常のアコムのローンで審査し、それに通過したうえでないとおまとめローンの利用はできません。

ただ、これまでの利用で問題がない優良な顧客に対しては、実績が評価されておまとめを認めてもらえる可能性は高いです。

もしアコムを利用中であって貸金業者からの借入のみを一本化したいのであれば、おまとめの相談をしてみる価値は充分にあります。特に、アコムから「利用限度額を増額しませんか」という案内を受けている状態なら、かなり高い確率でおまとめローンの審査に通ります。

アコムで適用されるおまとめローンは、貸金業法に基づいた借り換えであるので、金利が下がる可能性が高いと言えます。適用される金利は、加重平均金利という計算方法を利用して算出しますが、アコムはできる限り金利を下げる方針です。

アコムの会員がフリーコールでおまとめローンを申し込んでから必要書類を持って無人契約機に行くと、スムーズに進めば申し込みした当日におまとめできます。

おまとめ専門の中央リテール

中央リテールは、おまとめローンの専門会社です。多重債務で悩む人向けにおまとめローンを提供しており、申込者の返済したいという意志を汲み取って審査するという特徴があります。

中央リテールの無担保おまとめローンの概要

融資額 500万円まで
金利(実質年率) 10.95%~13.0%
審査時間 最短2時間
融資までの時間 最短1日
返済期間 最長10年(120回)
返済方法 元利均等返済方式
保証人・担保 不要

中央リテールおまとめローンの申込はコチラ

来店必須

中央リテールの契約では来店することが必須です。東京の渋谷に本店を構えており、支店はないため東京都市圏以外から申し込む場合は日程を調整して、遠方から出向く必要があります。

多重債務者向けに他社で断られてしまった人にも柔軟な審査を行う業者であるため、全国から来店しています。

多重債務者の救済機関

中央リテールは民間の業者ですが、おまとめローンという商品を通して多重債務者の救済機関になろうとする姿勢が感じられます。ここでおまとめローンを契約すると、その足で強制的に他業者への一括返済を実施して解約までさせるからです。

そうすることによって、契約者の借金癖を治そうとしています。こういった方針で契約するため、他で審査に通らない人にも柔軟な審査が可能になっていると考えられます。

銀行のおまとめローンは低金利で人気

おまとめローンは借りる額が大きくなるローンです。そのため、金利がなるべく低くて短い期間で完済できるものを選びたいところですが、消費者金融業者のおまとめローンはやはり金利は高めに出てしまいます。

銀行のローンは消費者金融業者よりも審査が若干厳しめですが、銀行の提供するおまとめローンは低金利で、検討する価値はあります。

みずほ銀行多目的ローン

メガバンクと呼ばれる銀行のうち、低金利で無担保ローンのおまとめができるのは、みずほ銀行の多目的ローンです。

利用条件 ・満20歳以上満66歳未満、完済時満71歳未満
・勤続年数が2年以上
・年収200万円以上で安定かつ継続した収入がある
金利(実質年率) ・変動金利5.875%
・固定金利6.55%
限度額 300万円
返済期間 最長7年

金利が6%未満というのは、かなりの好条件と言えます。年収が200万円以上という制限はありますが、あまり厳しいという感じではないでしょう。

限度額が300万円とおまとめローンとしては低めですが、個人の借入額の総額としては多いほうで、これで充分という人もいるでしょう。

また、このローンは返済方式が「元利均等返済方式」で、最初に返済回数を指定して返済していくこともメリットです。

返済回数を決めて、それを淡々と毎月返済していく方式ですので、分割払いの商品を購入したのと同じように返済していくことができます。

月々にいくらなら返済可能か、契約時にみずほ銀行に相談して、返済期間ぴったりで指定することができます。返済額と返済期間が事前に決まるので、「終わりが見える」ことから返済の意欲も高まります。

みずほ銀行の申込はコチラ

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行ではおまとめローンは提供されていませんが、カードローンをおまとめ用として利用することは可能です。

利用条件 ・申込時満20歳~満69歳
・安定した収入がある
金利(実質年率) 4.0%~14.5%
借入限度額 10万円~800万円
借入期間 1年以上10年以内

三井住友銀行は、SMBCモビットとプロミスを傘下に置いています。プロミスの正式名称はSMBCコンシューマーファイナンスですが、このSMBCは「住友・三井・バンキング・コーポレーション」の略称です。

SMBCモビットはプロミスの子会社で、これらの会社ではユーザー情報は共有されています。

そのため、SMBCモビットやプロミスを利用したことがあり、そこで返済トラブルなく良好なクレジットヒストリーを積み重ねている場合、三井住友銀行の計画返済支援のための融資(おまとめローン)の審査も通りやすくなります。

三井住友銀行は自行のユーザーに優しい銀行で、既存ユーザーと新規ユーザーとでは他のローンでも審査の結果が違うと言われています。

通常のカードローンの審査でも、元から顧客であった人には審査が通りやすくなる傾向があります。三井住友銀行を給与振込口座に指定している人や、プロミスのユーザー、SMBCモビットでの返済で遅延なく支払っている人などに向いています。

りそな銀行フリーローン

りそな銀行にはおまとめ専用のローンはありませんが、非常に低金利の「りそなプレミアムフリーローン」をおまとめローンとして活用することができます。

利用条件 ・申込時満20歳以上満66歳未満、最終返済時満71歳未満
・継続的で安定した収入があること
金利(実質年率) 固定金利年率6.0%、9.0%、12.0%、14.0%のいずれか
借入限度額 10万円~500万円
借入期間 1年以上10年以内

収入に関しては、継続して安定的な収入があれば良く、パートやアルバイト、自営業者であっても申し込むことができます。

りそな銀行で住宅ローンを利用していると0.5%の金利引き下げが適用されます。

保証会社はりそなカード株式会社またはオリックス・クレジット株式会社となっており、審査通過にはいずれかの保証が必要になります。

金利は4種類の固定金利を審査によって決定します。最高金利は14.0%ですので、これまで消費者金融業者で18%前後の金利を適用されていた人にとっては必ず金利が下がることになります。

地方銀行のフリーローンもチェックしよう

地方銀行には審査の柔軟なフリーローンを提供しているところがあります。フリーローンはいったん借りたら後は返済する一方となるローンで、資金使途が自由となっているものを指します。

多くの地方銀行で地元住民の経済活動を応援するためのフリーローンが提供されています。金融機関とすると、カードローンと違って限度額以内で何度でもお金を貸すことがないため、同じ金融機関で同じ借入希望額であれば、フリーローンのほうが審査の難易度は低くなっています。

一般的にローン商品は、金利が高いほうが審査が通りやすい傾向があります。フリーローンのなかには金利6%といった低金利のものもありますが、そういったローンは審査は厳し目です。

目安となるのは「年率14%」です。この金利は利息制限法より少し低いという程度の金利なので、審査は金融機関とするとギリギリのところで通過させています。

年齢制限の上限も目安のひとつになります。年齢制限が高いほど審査は緩い傾向があるので、たとえ高齢者でなくてもしっかりチェックしておきましょう。

おまとめできる地方銀行ローン一例

銀行・ローン名称 金利(実質年率) 利用限度額 最大借入期間
北海道銀行
「道銀ベストフリーローン」
3.8%~14.0% 300万円 7年
青森銀行
「あおぎんフリーローン自由プラン」
WEB完結
3.5%~11.5%
来店
6.0%~13.0%
WEB完結
500万円
来店
1,000万円
10年
八十二銀行
「フリーローンはちにのかん太くん」
WEB契約
7.0%~9.2%
通常
7.0%~14.5%
500万円 7年
愛知銀行
「フリーローンきずき愛」
4.8%~12.8% 1,000万円 10年
関西みらい銀行
「関西みらいフリーローン」
6.0%~14.0% 500万円 10年
百十四銀行
「114フリーローン」
6.5%~12.0% 500万円 10年
福岡銀行
フリーローン「ナイスカバー」
WEB申込
5.9%~12.9%
その他申込
7.0%~14.0%
500万円 15年

ネットバンクは独自サービスで人気

住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」

ミスターカードローンは、プレミアムコースかスタンダードコースかで適用される最高限度額が異なりますが、金利は共有しています。

申し込みから融資までスマホで完結させることができます。キャッシュカードを持っていればカードローンい機能を付帯することができる他、スマホアプリから借入と返済を行うことができるのでカードレスでの利用も可能です。

また、条件を満たしていると最大年0.6%の金利引き下げが適用されます。

利用条件 ・申込時満20歳~満65歳以下
・継続的で安定した収入があること
資金使途 原則自由(事業性資金は除く)
借入限度額 ・スタンダードコース:10万円~700万円
・プレミアムコース:10万円~1200万円
借入期間 1年ごとの自動更新
金利(実質年率) 1.59%~14.75%

住信SBIネット銀行の申込はコチラ

じぶん銀行「じぶんローン」

じぶん銀行は、携帯キャリアのauと三菱UFJ銀行が共同で設立したネットバンクです。auのユーザーには金利の優遇措置などのサービスがあり、全国のコンビニのATM手数料がいつでもゼロで、使いやすくお得な銀行として人気が高まっています。

じぶん銀行が提供している「じぶんローン」は、「借り換えもOK」と公式サイトにも記載されており、おまとめローンとして活用可能です。

ネットバンクならではの低金利で利用できるため、検討する価値は充分にあるでしょう。

利用条件 ・契約時満20歳~70歳未満
・継続的で安定した収入があること
資金使途 原則自由(事業性資金は除く)
借入限度額 ・誰でもコース:10万円以上800万円以内
・借り換えコース:100万円~800万円
借入期間 1年(審査のうえで自動更新)
金利(実質年率) ・誰でもコース:1.38%~17.4%
・借り換えコース:0.98%~12.5%

「借り換えコース」というおまとめローン専用のローン商品が提供されており、最高金利が12.5%という低金利になっています。

携帯キャリアのauのユーザーには最大で年率0.5%が優遇されるため、携帯電話やスマートフォンをauで契約している人は、最大金利12%となり、かなりお得なおまとめローンと言えるでしょう。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、公式サイトで「お借入の見直しで、さらにご利用しやすく」とうたっており、おまとめローンとして活用できることをアピールしています。

見直しすることで金利が下がる可能性があることや、毎月の返済額が下がることがあるなどと説明しており、おまとめローンとして使うことを推奨していると見受けられます。

楽天グループであるため、スピードとサービスの高さでは定評があり、おまとめローンとして使っているという人も数多くいます。

利用条件 ・満20歳~62歳未満(パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下)
・継続的で安定した収入があること
資金使途 原則自由(事業性資金は除く)
借入限度額 800万円まで
借入期間 1年ごとの自動更新
金利(実質年率) 1.9%~14.5%

上限金利が他行に比較して若干高めの設定になっていますが、その分審査が柔軟であることが期待できます。

申し込みでは、希望限度額によって審査の難易度が変わらないという特徴があります。というのも、申し込みフォームでデフォルト設定されているのが最大の800万円だからです。特に申込者から変更を加えなければ、楽天銀行が限度額を設定してくれるという仕組みになっています。

オリックスVIPフリーローン

銀行ではなく信販会社ですが、オリックス・クレジット会社が提供する「オリックスVIPフリーローン」は公式に「貸金業法に基づくおまとめローン」と記載されているローンとして貴重な存在です。

貸金業法に基づくおまとめであるため、総量規制の例外貸付として年収の3分の1以上を超えて借りることが可能です。

また、消費者金融業者のおまとめローンでは対象外となっている銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠にも対応しています。年収の制限が多少高めですが、条件が合う人は検討してみる価値があるでしょう。

利用条件 ・申込時満20歳~65歳未満
・年収400万円以上であること
資金使途 既存借入の借り換え
借入限度額 100万円~800万円
借入期間 1年~8年(12回~96回)
金利(実質年率) 3.0%~14.5%

オリックスVIPフリーローンのメリットは繰り上げ返済がしやすい点です。通常のフリーローンでは毎月定額を返済し続けることが原則で、追加返済をすると手数料が発生することがありますが、このローンでは手数料無料でいつでも追加返済が可能です。

お金に余裕があるときにATMや口座振替によって無料で繰り上げ返済できるので、返済を早めることが可能です。ペイジーに対応している銀行の口座からであれば、ネットからの返済もできます。

まとめ

人気のおまとめローンには、金利が有利であるとか、審査が柔軟といった理由があります。それぞれの特徴をふまえたうえで検討していきましょう。