どうにかしてお金を借りるには?カードローン審査の必勝法を紹介

一時的にお金が必要になったけど手持ちのお金がない……、そのような時、手っ取り早くお金を手にするにはカードローンがもっとも有効な方法かもしれません。

利便性が高いカードローンですが利用するには必ず審査があります。どうにかしてお金を借りたい!という人のためにカードローンの審査に通るための必勝法を紹介します。

カードローン審査に通るための秘訣

カードローンに申し込むと必ず審査が行われますが、審査に通過するためにはいくつかのポイントを押さえなければいけません。カードローン審査通過のための秘訣を紹介します。

カードローンを利用できる人とは

まず、カードローンを利用できる人がどのような人なのかを紹介します。カードローンでお金を借りられる人は下記の条件を全て満たしている人です。

20歳以上

カードローンは20歳以上の人でないと利用できません。たとえ高収入の人でも未成年はカードローンを利用できないのです。

未成年は親や法定代理人の許可がないと法律行為を行うことができず、法律行為を行った場合いつでも取り消すことが可能です。カードローンの契約は法律行為ですので、未成年に融資を行うといつでも契約を取り消される、というリスクが発生します。

安定した収入がある

カードローンで「安定した収入のある人」と判断される人は「毎月収入がある人」です。毎月必ず収入があることもカードローンを利用する条件のひとつです。カードローンの返済は「月一回決められた金額を返済する」方式です。毎月収入がないと返済能力がある人と認められません。

年収が高くても収入が不定期な人より、毎月収入があるアルバイトやパートのほうが審査には有利です。

金融トラブルの記録がない

信用情報機関に金融トラブル(事故情報)が記録されていない、ということもカードローンを利用できる条件の一つです。

  • 債務整理(自己破産や個人再生、任意整理)
  • 返済の延滞
  • クレジットカードの強制解約
  • 短期間に複数の金融機関に申し込んでいる(申込ブラック)

これらの事故情報が信用情報機関に記録されている人は基本的にカードローンの審査は通りません。信頼度が著しく低い人と判断されるからです。

年収の1/3以上の借り入れがない人

既に年収の1/3以上の借り入れがある人、もしくは新たに借り入れすることによって年収の1/3を越える、という人はカードローンを利用できません。

各金融業者は、利用者の借りすぎを防止するたびに総量規制の観点で年収の1/3以上の貸し付けを行わないからです。これは総量規制の対象にならない銀行でも自主的に適用しています。

総量規制の対象となる借り入れは、カードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシング枠などです。住宅ローンや教育ローン、マイカーローン、高額医療費、クレジットカードのショッピング、おまとめローンなどは対象外となります。

カードローンの審査を通るための方法とは

カードローンを利用できる人の条件を説明しました。紹介した条件を満たした人がさらに審査を通るためにはどうすればよいのか。カードローンの審査の通過率を上げるための方法を紹介します。

申し込みは一社のみに

カードローンを申し込む際には、自身の希望に合ったカードローンを厳選して一社だけに申し込んでください。可能性を上げるためにと複数のカードローンに一度に申し込むのは厳禁です。審査の印象が非常に悪くなるからです。

ローンやクレジットの申し込み情報は信用情報機関に記録されます。短期間に複数の申し込みをすると審査では「お金に困っている人」「審査に自信がない人」という印象を与え、返済能力が低い人と判断されますし、総量規制に抵触する可能性も高くなります。

申し込み情報は半年間記録されるので、もし審査が落ちたのであれば半年間は次の申し込みをしないようにしてください。

他社の返済は滞納しないように

既に他のローンやクレジットを利用している人は返済の滞納をしないことが重要です。

信用情報機関には返済状況記録されているので審査では一目瞭然で、返済を滞納する人は返済能力が低く、信頼できない人と判断されます。

なお、返済を滞納中の人は新たな借り入れの審査は絶対に通りません。

申込金額は必要最低限で

カードローンに申し込む際の希望額はできる限り低い金額にしましょう。

審査通過を目的とするのであれば10万円以内がベストです。カードローンとしては貸し付ける金額は低ければ低いほうが元金を回収しやすくなりますので、その分審査基準は低く設定するからです。

もし多くのお金を借りたいのであれば取引実績を重ねて増額してもらいましょう。きちんと返済を続ければ最短で半年後には増額の提案があるでしょう。

申し込み時は丁寧な態度で

カードローンの申し込む時には丁寧な態度や言動で、申告する情報はミスのないようにしましょう。

カードローン審査には人柄も要素の一つで、審査担当者に「この人にお金を貸しても問題なさそう」という印象を与えたほうが審査には有利です。「いい加減な人」「信用できない人」という印象を持たれないようにしましょう。

在籍確認は確実に取れるように

カードローンの審査には必ず勤務先への在籍確認があります。在籍確認が取れないと審査は通らないので確実に確認の取れる連絡先を申告してください。

在籍確認は審査担当者が職場に電話をかけて確認しますが、個人名で連絡してきますし利用者本人が電話口に出るまで何度も連絡してくる、ということはありません。不在だった場合、電話に出た人が「不在です」と答えれば在籍を証明できたことになります。

在籍確認でカードローンの利用が職場にばれてしまう、というわけではないのでご安心ください。

カードローン業者ごとに異なる審査の特徴を紹介

カードローンは様々な業態の企業が運営しており、業態によって審査に特徴があります。審査の特徴を把握した上でどのカードローンの審査が自身に合っているのか、選択基準のひとつとして参考にしてください。

カードローンの審査は緩い?厳しい?

カードローンを利用する人にとって審査基準は気になるところでしょう。カードローンの審査基準は各社非公開ですので審査が甘いのか、厳しいのかを判断するのは難しいのですが、基本的に審査が甘いカードローンは存在しません

カードローンもビジネスですのでお金を貸して回収できず損失を生むこと(貸し倒れ)は防がなくてはいけないですし、利用者の状況次第では貸し付けることによって違法になります。正規のカードローンはどのような利用者に対しても厳格に審査を行います。

銀行カードローンの審査の特徴

一般的に銀行カードローンの審査は厳しいと言われており、審査では収入の安定度や他社の借り入れ状況、生活環境を慎重に審査し判断します。審査が厳しいのは、利用限度額が大きく金利が低いので貸し倒れを起こしたときのリスクが大きいからです。

銀行カードローンは即日融資に対応していないことも特徴の一つです。銀行カードローンの審査では必ず警察庁への照会することを義務付けられているため、最短でも一営業日が経過しないと審査結果は出ません。

銀行カードローンは安定した収入があるなど審査に自信があり、多くの金額を利用したい、と希望している人におすすめです。

信販系カードローンの特徴

信販系カードローンの特徴は銀行カードローンと同様に利用限度額の大きさと金利が低いことが挙げられます。また、銀行カードローンと同様に審査に時間がかかることも特徴に挙げられます。審査結果がでるまで数週間かかる、ということもあります。時間に余裕のある人におすすめです。

大手消費者金融の審査はなぜ早いのか?

大手消費者金融の審査の特徴は何と言ってもスピードの速さです。大手消費者金融の中では最短で1時間程度で借り入れが可能です。これは大手消費者金融がスコアリング審査という方式で利用者の属性を点数化し機械的に判断するからです。今すぐにお金が必要!という人にはおすすめです。

大手消費者金融の成約率

大手消費者金融に申し込むとどの程度の人が借りられるのでしょうか?SMBCモビットを除く大手消費者金融は成約率(申し込みに対して融資を行った比率)を公開しています。2020年9月時のアコム、プロミス、アイフルの成約率はおよそ40%で、レイクALSAの成約率はおよそ30%です。この比率が高いかどうか、感じ方は人それぞれでしょう。

ちなみに、2020年は新型コロナウイルスでの景気悪化で成約率が下がっています。通常であればアコム、プロミス、アイフルは45%前後、レイクALSAはおよそ33%です。

中小消費者金融の審査は甘い?

中小の消費者金融は既に借り入れを行っている人をターゲットにしているため審査が甘いと思われがちですが決してそんなことはありません。

総量規制に抵触する人、他社の返済を滞納している人、金融トラブルを起こした直後の人には貸し付けません。

しかし中小消費者金融の多くは審査に柔軟ですので、大手消費者金融の審査が通らなかった人でも審査を通過する可能性は十分にあります。

大手と中小の審査方法の違い

中小の消費者金融はなぜ他社を利用している人でも貸せるのでしょうか。ポイントは審査方式の違いです。

大手消費者金融はスコアリング審査で機械的に判断します。スピードが早いぶん融通が利かない、という側面も持ちます。

しかし中小消費者金融は審査担当者自らが審査を行い独自の判断を行います。たとえ他社の借り入れがある人だとしても現在の返済能力に問題がないと担当者が判断すれば融資が行われるのです。