総量規制対象外のカードローンと消費者金融を比較する

アルバイトやパートをしている人の中には

  • 「収入が少ないけれど、少しでも多く借りたい」
  • 「無職の専業主婦だけどお金を借りたい」

と言う人もいます。

消費者金融で借りるには、総量規制の対象になり「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があるので、思い通りのお金は借りられません。

そこで、おすすめなのが銀行カードローンです。銀行カードローンは、総量規制の対象外になるので、年収などで縛られる事はありませんし、低金利でお金が借りられる事や即日融資でお金を借りる事も可能です。

そこで消費者金融と総量規制対象外のカードローンを比較してみました。

消費者金融と銀行カードローンを比較

限度額の決定の仕方は基本どちらも同じ

 消費者金融は総量規制の制限で「貸金業者からの借入れ総額は原則、年収の3分の1以上を超えてはならない」とあるように、融資限度額は収入によって制限されています。

この貸金業法は2006年に成立し、その後準備期間を経て、2010年に現在の「年収の3分の1以内の融資」という形になりました。

貸金業法が適用されるのは、ノンバンク(消費者金融や信販会社など)に代表される「貸金業者」で、クレジットカードのキャッシング枠もこの貸金業という業態に含まれます。

ですから、すでに消費者金融などで、総量規制ギリギリの借入をしていた場合は、それまでの借入残高を減らさない限り、新たな借入は出来ません。

銀行カードローンは銀行法が適用されるので、貸金業法の影響はありません。したがって総量規制の対象ではなく、理論的には審査に通れば年収に関係なく融資できます。

しかし、銀行カードローンでも総量規制を自主的に適用しているため、年収の3分の1以上の融資はあまり行いません。特に、初めての借入ではその傾向が特に強いので、高額融資を希望している方は注意が必要です。

銀行カードローンは利用限度額が大きい

銀行カードローンのメリットは「融資限度額が大きい」ということです。

銀行カードローンの審査も消費者金融と同じく、申込書に記入した内容と、信用情報機関の個人情報に基づいて審査されます。それらの情報から属性が高ければ希望通りの借入が可能ですし、属性が低ければ融資限度額が下がったり、最悪審査に通らなかったりする事もあります。

そしてその利用限度額は、各行によって異なってきますが大手のカードローンではみずほ銀行カードローン・住信SBIネット銀行カードローンで最大1000万円、三井住友銀行カードローンやオリックス銀行カードローンは最大800万円という高額融資が受けられます。

優良顧客として認めてもらえれば、増額案内が来ることもあります。その場合は総量規制以上の借入も不可能ではありません。しかし、どれだけ高額でもカードローンの場合は年収の2分の1までに制限されます。

銀行カードローンは低金利に設定されている

どれだけ多くのお金が借りられたとしても、返済が続けられなければ何の意味もありません。しかしこの「返済のしやすさ」というのも銀行カードローンのメリットです。

一般的に消費者金融の利用金利は4%前後~18%の幅で設定されていますが、50万円以下の借入れの場合は上限の18%の金利が適用されます。

これと比べて銀行カードローンの金利の上限は14%前後のところがほとんどです。消費者金融で借りるよりも、銀行カードローンを使った方が4%以上、低い金利で借りられます。

さらに「その銀行で住宅ローンを組んでいる」「預金口座を給料振込用として使っている」など、何らかの取引を行っている場合は、さらに金利を引き下げてもらえる可能性があります。

即日融資はできない

銀行カードローンの最大のデメリットは即日融資ができないことです。

2018年からは、申込者の身元を警察庁のデータベースと照合することが義務付けられました。また、保証会社に頼りきりだった審査も、銀行側も共に行わなければならなくなったので時間が掛かります。

これらの要因で審査結果は最短翌日となったため、即日融資は実質できなくなりました。

そのため、すぐにお金が必要という方は消費者金融で申し込む必要があります。