カードローンを選ぶ時は目的別で選ぶ

キャッシングをこれから始めるという人は、まずどこで契約するかを選ぶ必要が有ります。

キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行カードローンで申込が出来ますが「どこを選べばよいのかわからない」という人もいます。

どこでお金を借りるかを決める時は、目的別で選べば探しやすくなります。

たとえば、今日明日中にお金が必要な時は、即日融資が可能なカードローン、少しでも金利を下げてお金を借りたい時は銀行カードローンやその他、無利息期間サービスが有るカードローン、おまとめしたい時におすすめのカードローンなど、借りる目的をまず決めれば、どこへ申込めばよいのかが見えてきます。

即日融資で借りるなら消費者金融

最近のカードローンは、即日融資で借りられるという事が選択肢の一つになっています。急にお金を借りたいような時、審査スピードが早い事は、融資までの時間を短くすることが出来るので、申込時間によってはその日の内にお金が借りられます。

即日融資を希望する場合の選択肢は消費者金融のみです。銀行でも即日融資が可能な時期もありましたが、2018年からは警察庁のデーターベースとも情報を照合する必要しなければならなくなり、即日融資ができなくなりました。

大手消費者金融の審査は最短30分で完了します。また、消費者金融が指定している口座を持っていれば、カードがなくても即日振込で口座に振り込んでもらえますし、スマホアプリをインストールすればスマホの操作だけでコンビニATMから借入と返済ができます。

低金利で借りるなら銀行カードローン

銀行カードローンと言えば、消費者金融に比べて金利が低い事で人気が有ります。カードローンでお金を借りる場合、審査スピードよりも金利が低いほうを選ぶという人も少なくありません。なぜなら、早くお金を借入できたとしても、金利が高いと後々の返済で苦慮する可能性があるからです。

借入目的によっては、早く借りられることを優先して選ぶ事もありますが、借入額が大きくなる場合は、低金利のカードローンがおすすめです。ただし、金利で選ぶ場合は、事前にしっかりとした知識を持って調べておく必要が有ります。

金利と借り易さと言うのは関連が有ります。金利が低いに越した事はありませんが、金利が低くなればなるほど審査が厳しくなるのである程度のステータスが必要になります。

借り易さを選べば金利は高くなりますし、出来るだけ低い金利でという事になれば、それなりの属性が必要になります。ただ、限度額が10万円程度の借入金額なら、金利はそれほど影響しないので、借り易いところがおすすめです。

複数の借入をまとめたい

複数社から借入が有り毎月の返済に悩んでいる人の解決方法として「おまとめ」があります。「おまとめ」は消費者金融の「おまとめローン」や、銀行カードローンでまとめる事が出来ます。

銀行カードローンのおまとめ

「おまとめ」は、借入先をひとつにまとめる事で金利が下がり、返済の負担も軽くなり、利息を含めた総返済額が少なくなるというメリットがあります。

銀行が「おまとめローン」としての商品を扱っている銀行は少なく、テレビCMでも知られている東京スター銀行の「スターワンバンクローン」がおまとめ商品になります。ただ、この商品は年収200万円以上なければ申込が出来ない事や、パートやアルバイトなどで収入を得ている人は申込めません。

銀行カードローンでまとめ場合、消費者金融と比べて金利が低く、融資限度額も多いので、「おまとめローン」と言うような商品を用意する必要がありません。おまとめや借り換えを勧めている銀行カードローンのほとんどは、一般ローンをおまとめとして利用するようになっています。

おまとめ前に返済シミュレーション

カードローンをおまとめとして利用する場合、借入希望額も大きくなるので、一般ローンに比べてさらに審査が厳しくなります。ですから、それなりのステータスも必要になるので、誰が申込んでも融資が受けられるというものではありません。

中には先ほどの「スターワンバンクローン」のように年収制限を設けているところもあり、そういったカードローンは一定以上の年収がなければ利用できません。ですから、パートやアルバイトなど、収入の多くない人は厳しいかもしれません。

しかし、銀行カードローンでおまとめは絶対無理というわけでもないので、おまとめを推奨している銀行を選び、事前に「借入診断」などを利用すれば、融資可能かどうかが解るので申込をする前に試してみる事をおすすめします。

また「返済シミュレーション」などを利用して、「おまとめ」すれば現在の状況がどれだけ改善されるのかも調べてみる必要が有ります。

このように、目的が決まれば、ランキングサイトや口コミなどの情報から、自分の状況に一番適したカードローンが見つかるはずです。